紀子先生とのお産はとても安心しながら迎えられ本当に素敵なお産になりました。

助産院での出産がある事を知らなかった私に、たまたま2人の知り合いが、初産の方も産院と助産院の両方を経験した方も、紀子先生で本当に良かったよ。と言う話を聞く機会があり、助産院での出産を考えるようになり、1度お話を聞いてみる事にしました。

妊婦健診~産後まで、初産だった私には、ずっと同じ先生に診て頂けると言う事は、その長い間色んな事を教えて頂いたり悩みや疑問など話を聞いて分かってもらえたりと、とても安心したのを覚えています。

何も分からない私に、妊婦健診の時には、自分の為だけに1時間程時間を取って下さり、本や模型を使い、今自分の身体がどう変化しているのか、今赤ちゃんはどう変化しているのか、とても丁寧に教えて下さり、知らない事が多すぎ、とても勉強になり楽しい時間でした。

また悪阻や身体の変化に辛くなっているのは私だけでは無く、赤ちゃんはすごくすごく小さいのに、大きくなる為に日々本当に頑張っている事を教えて頂きました。

またお灸で身体を温めて下さるのも、お灸が初体験でしたが、香りと温かさに癒されリラックス出来、健診内容も他の産院ではきっと経験の出来ない貴重な健診の時間でした。

お産当日は、オープンを選択していたので、陣痛なのか不安で仕方ない私は何度も先生に連絡をし、その度に的確なアドバイスを頂きながら病院に向かうタイミングを相談しました。

病院に着くと先生が待っていて下さり、先生の顔を見るだけで不安が解消されたのを覚えています。

病院に入ってからは、ずっっと私の隣に先生が居て下さり、痛みのタイミングを本当に良く分かって下さるので、痛みの時にはずっと優しく背中をさすりながら(このさすりが本当に気持ちよく痛みが和らいでいました。)隣に居て下さり、痛みが収まった時には、陣痛の痛みに対する力の抜き方や、態勢、赤ちゃんが今どうなっているのか説明して下さったり、時には雑談で笑わせて下さったり、不安でいっぱいの私をとても気遣いながら、少しずつ不安を取り除いて下さりながら時間を過ごす事が出来ました。

赤ちゃんがいよいよもう少しで産まれると言うタイミングでは、本当に強い痛みで半パニック状態でしたが、赤ちゃんが今一生懸命回転しながら頭出してきたよ、そんなにいきまないよ等、先生の言葉だけは何故か不思議と耳に入ってきていたので、赤ちゃんはこんなにも頑張っているんだから、私も今は先生の言葉をよく聞いて頑張ばらないと。と冷静に考える事が出来ました。きっとこれも先生への信頼と安心感があったからこそだと思います。

家族と一緒に赤ちゃんの誕生の瞬間、産声を聞き、自分の胸に抱かせてもらった時には、こんなに小さい身体で10ヶ月お腹の中に居てくれて、頑張って産まれてきてくれた事に、本当に本当に幸せです感動の一言でした。

産後も産院に入院中毎日病室に来て、右も左も分からない私は毎日聞きたい事が山盛りでしたが、一つ一つ本当にとても丁寧に答えて下さり、また赤ちゃんの事を教えて頂いたり、おっぱいが出るように丁寧にマッサージをして下さったりと、とても手厚くケアをして頂いたので、本当に心強かったです。

今でも子育ての悩みや色んな人生相談をさせて頂いています。

先生は看護師さんとしても長い経験をお持ちで、助産師さんとしても長く、沢山の赤ちゃんお母さん家族を見てこられているので、経験豊富だからこそアドバイスが的確で、いつも助けて頂いています。

先生と長い時間を一緒に過ごす事で、先生の事、赤ちゃんの事、私自身の事を知る機会が出来、先生を心から安心し信頼する事が出来、私のお産は本当に素敵なお産になったのだと思います。

本当にありがとうございました‼

この記事を書いた人

北永 紀子
北永 紀子助産院NORIKO 院長
妊娠時代をどう過ごすか、どんな出産経験をするか。それが育児に影響しますよね。そして、自分の人生にも。と言っても「むつしくてー」なんて声が聞こえてきそうですね。

情報はたくさんあるのに、どうしていいかわからない、相談する人がいない、等など理由は様々。そんな方々に自分らしく、楽しく、この人生を最高の時を過ごしてほしい、そんな思いで助産院を開院しています。

「自分に合った情報を自分らしく取り入れ、本当に自然で、ストレスのない生活をすること。」

「自分の体は自分が管理していくこと。」それを楽しむ源ではないかと思っています。

皆さんのより近くで、よりゆっくりと話しをしたり、ケアをさせていただく中で、心と体のふれあいを大切にし、皆さんのお手伝いが出来れば幸いと思っています。

助産師 北永紀子